10歳の少年の優しさにほっこり「コロナが落ち着いて、ドッグシッターが必要になったら僕におまかせください」

小学4年生の男の子が隣人に送った手紙が、皆をほっこりさせています。隣の家にやって来たゴールデンレトリバーの子犬に夢中になった男の子が、自らをドッグシッターを申し出る手紙を送って来たそうです。SNSでは「子供の純粋な心+子犬の純粋な魂=理想的な組み合わせ」だと話題になっています。こちらのInstagramで話題の子犬Arthurの姿を見ることができます。

4年生の男の子Troyくんからの手紙

Image Credit : arthurthefloof

“こんにちは。僕は隣に住むTroyと言います。小学4年生です。もしよかったら、コロナが落ち着いた後で、ドッグシッターが必要になったら、僕におまかせください。散歩などにも連れて行ってあげます。”

Image Credit : arthurthefloof

Troyくんの手紙はゴールデンレトリバーのArthrのInstagramでこんなキャプションをつけて紹介されました。”今日は人間の友達ができたんだ。彼は僕と同じくらいの大きさだよ。僕の飼い主よりもよく面倒見てくれそう。”

それから間もなく、Troyくんと犬のArthrは、一緒に遊ぶ約束をした

Image Credit : arthurthefloof

ArthurのInstagramではその後こんな投稿がありました。 ”ちょっとお知らせです。今日、隣に住む友達と(ソーシャルディスタンスを守って)遊んでとってもだのしかった。彼はまだ小さい人間の子供なのでプライバシーに配慮して写真は撮らなかったけど、他の犬の友達の話やダンスを見せてくれたよ!僕らは本当にいい親友になれそうと思った!”

Image Credit : arthurthefloof

この手紙が公開されてすぐに、AuthurはすぐにInstagramで大人気に

現在、ArhurのInstagramは3万人を超えるファンがおり、ここまで有名になるとは飼い主さんも予想していなかったようです。

Image Credit : arthurthefloof

“飼い主によれば、僕と友達のTroyは、昨日いきなり有名になったみたい。たくさんの新しい友達ができたみたいで嬉しいよ。”

Image Credit : arthurthefloof

これを見た人々の反応

”可愛いけど、少年はお小遣いが欲しかっただけじゃない?”

”子供の純粋な心+子犬の純粋な魂=理想的な組み合わせだね”

“今はみんなに必要なのはこういうニュースだよね!”

“Troyくんはとても良い子だし、この子犬も超カワイイ”

外部リンク

Little Boy Writes Letter And Offers To Walk Neighbors’ Pup After This Virus

arthurthefloof

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です