これぞ職人技!超高級ラブドール工房へ潜入

Abyss Creationは老舗のシリコン製の超高級リアルラブドール制作メーカー。南カリフォルニアの工房で、職人が一体ずつ制作しています。お値段は一体約$6,500(約70万円)〜。広告はほぼ出しておらず、そのクオリティの高さが口コミが評判となり、セレブにも愛用者がいるようです。

制作は一年間でわずか約300-400体

スタッフはみな情熱を持って真剣に仕事しています。制作には一体当たり約80時間もかかります。まず金型からシリコンで型を取り、爪や乳首を形作り着彩。髪の毛をつけた後は、メイクアップアーティストがクライアントの要望通りの顔に仕上げていきます。そして最後に服を着せて梱包されます。

ずらりと並んだ乳首の色と形のサンプル一覧
ベテランのメイクアップアーティストが丁寧に仕上げていきます

あなた好みのリアルドールが作れる

スタンダード版の場合、ボディは女性ドールの場合18タイプ、男性ドールの場合は2タイプ用意されていて、肌の色は5タイプ、顔は39タイプあります。トランスジェンダー用のボディタイプも用意されているそうです。

いろんなタイプのお顔がずらり

オーダーメイドの場合は$12,000(約128万円)から。完全にあなた好みのリアルドールを作ってもらうことも可能です。一番多いのは有名人そっくりにしてくれ、というオーダーのよう。

足の爪まで一本一本丁寧に作ります

ついにAI搭載モデルも

2018年には、創業者Matthew McMullenが新たにAI搭載モデルHarmonyを開発。そちらも現在注目を浴びています。リアルドールの世界、知れば知るほど奥が深いですね。

アプリを使って、体のパーツ、声や性格までオーダー可能

外部リンク

Making a sex doll

You can buy a VIRTUAL sex robot right now for less than a tenner online

Patrickstrattner Portofolio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です