これって一体何?身の回りの不思議なもの変なもの大集合

あなたの身の回りには一見して、何だかよくわからないものがありませんか。独特な形、変なもの、摩訶不思議なもの…etc。米国版2ちゃんねるとも言われるRedditではそんな疑問が集まる”What Is This Thing“というスレッドをご紹介します。どれもその用途や、出自を知っている人がアンサーをつけてくれています。世の中には物知りな方々がいるものですね。

IKEAのコーヒーマグの底の切れ込みは何のため?

食器洗い機に入れた時に水がたまらないようにするため。そしてコースターに置いた時にくっつかないため、だそうです。地味だけど素晴らしい機能ですね!

病院の外の壁に取り付けてあるこれは何?

これらは緊急用の除染シャワー。研究所で化学物質による事故や危険物質を浴びてしまった場合、上部と下部から温水が吹き出し洗い流すような仕様になっているようです。この器具をデザインしたご本人が回答しています。

クローゼットにあるこのつぶつぶしたもの…見つけて以来、掃除してもすぐにまた溜まってくるんだけど…これは一体何?

シロアリの糞…とのこと。こんなにたくさんのアリがクローゼットにいることを想像すると恐ろしいですね。

アイボリーで板状のこれは何?クローゼットで見つけました。上の方に曜日が書いてあります。

ビクトリア王朝時代女性が身につけていた、いわばスケジュール帳。動物の骨を板状に加工したもので板にその日の予定やメモを書き込めるようになっていて、月曜から土曜まで6枚の板で構成されているそう。その当時の女性はチャタレインチェーンというベルトフックのようなものを腰に装着していて、鍵や時計、ハサミ、指ぬきなど日常よく使うものを吊り下げており、この板もそうして吊り下げ、ポケットに入れて使っていたそうです。

気味の悪い動きをするこの生き物は何?折りたたみ椅子の上にいました。

ハグモス(Hag moth)というイラガ科の蛾の幼虫。落ち葉に擬態するために背中側にも偽物の足が付いているそうです。写真はお腹を上に向けた状態です。

両親が庭で見つけた石版。何か暦の月と1827年の文字が彫ってあります。これは一体何?

誰かが墓石のかけらに墓石に刻む練習をしたもののようです。古代遺跡から発掘されそうな見た目ですね。

グアムにて海の浅瀬で発見。直径3mの円盤状で、ポリエステルのような質感のものが蜂の巣状に縫い合わさったような見た目。ファイバーグラスでできた薄っぺらい円盤のようだ。こんなもの見たことない。

正体は中国の「長征3号B」というロケットの弾頭とその残骸。(ロケット自体は打ち上げに失敗した模様。)グアム近郊の上空から大気圏に再突入し、落ちてきたもの、だそうです。

リングを引っ張ると小さいピンが4本飛び出してくるこの道具は何?

懐中時計につけるもので、スリ防止の道具だそうです。

なぜ牛にこんなことするのでしょう?

手術のために固定台だそうです。知らずに見るとシュールな光景ですね。

ドイツの森で見かけたこれは何?

昔の人が冷蔵庫や低音室として使用していたそうです。土で覆われていると、断熱効果が高くなるようですね。

階段に付いているこの円盤状の金属は何のため?膝をぶつけて怪我したんだけど…

スケボー防止デバイスだそうです。角のヘリの部分が削れるのをカバーしてるんですね。

デンマークの森で散歩中に発見したこの錆びた物体は何?

機雷(水中に設置されて艦船が接近、または接触したとき、自動または遠隔操作により爆発する水中兵器)だそうです。大分古いもののようですね。犬の散歩中に見つける方が多いせいか犬がよく写り込んでますね(笑)

家で見つけたこの道具、妻がネクタイを結ぶ時に使うんだと思うんだけど違うかな?

馬の蹄を掃除する道具だそうです。HERMESの刻印も納得の用途ですね。

家の棚の下の方についているこれは何?1970年代に取り付けられたものらしい。プラスチックと金属のギザギザの歯がついていて各辺4インチくらい。

瓶のふたを開けるものだそうです。なるほど〜

数十年前に祖父が他界した際にもらった遺品の中にあった鍵。長さは2cmくらい。これは一体どんな鍵?

第一次世界大戦時にイギリスでは、卍(まんじ)型のものが縁起物としてもてはやされていたそうです。お家のクッションの柄だったり、ボーイスカウトのバッジなどにも使われていたそうで、これもその当時のもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です